事業内容

事業内容

  1. HOME > 
  2. 事業内容

岡山M&Aセンター メニュー

中堅・中小企業の事業承継問題

近年、中堅・中小企業の事業承継問題は、地方都市において特に深刻な経営課題となっております。
高度成長期に20代~30代で創業されたオーナー経営者が引退の時期を迎えているからであります。
しかしながら2013年度版中小企業白書によれば、事業を承継しようとしても親族内への承継は非常に難しくなってきています。
事業承継に成功した場合でも、親族内承継が約60%、親族外承継(M&A、従業員等への承継)が約40%と、20年前に親族外承継が約6%と少数であったことからすると様変わりです。
中堅・中小企業の事業承継は、オーナー個人の問題に止まらず、従業員の雇用の確保、技術・ノウハウの承継、地域経済活性化など、日本経済にとって重要な問題であります。
なお中堅・中小企業M&Aの大半が友好的M&Aであり、敵対的M&Aではありません。

graph-01

事業承継は早めの対策が大事

医療の進歩等とともに日本も高齢化が進んでいるのは周知の事実です。
たとえ後継者がすぐにみつからなくても、「まだまだ自分は体力的にも充実しているから当面社長を続けても大丈夫」という方も多いと思われます。
しかしながら2013年度版中小企業白書によれば、早めの世代交代が会社にとってもよい影響を与えるという調査結果が出ています。
現経営者様のたゆまぬ努力を否定するものではありませんが、早めの世代交代が企業に新たなイノベーションや活力を与えることは確かなことなのでしょう。
事業承継においては、常に早めの対策を打つことが企業のためにもなるのです。

graph-02

石井会計グループの取り組み

石井会計グループでは、従来から、中堅・中小企業活性化アドバイザーとして、相続・事業承継対策に関するコンサルティング等数多くの中堅・中小企業支援業務に取り組んで参りました。
しかしオーナーに後継者が居ない場合は、廃業かM&Aの方法を選択せざるを得ません。
M&Aの手法には、合併・株式譲渡・事業譲渡・業務提携の4つの手法があります。
私どもでは、このような後継者の居ないオーナーに対し、主に「株式譲渡」「事業譲渡」による支援業務を強化しハッピーリタイアするため、また経営戦略上の理由で、積極的なM&Aを展開しようとする地元中堅・中小企業を支援するため、石井会計では「株式会社岡山M&Aセンター」を機能として有しております。
またM&Aを進める際は、売り手企業の公正な企業価値の評価が重要となります。
「株式会社岡山M&Aセンター」では、石井公認会計士事務所での経験を生かした公正な企業価値の評価を行います。
弊社は、中堅・中小企業のM&A仲介業務に特化し、日本全国を網羅し金融機関や約600社の会計事務所と日本最大級のネットワークを持つ「株式会社日本M&Aセンター」の全国の「地域M&Aセンター」の一員として、今後、地域密着型の中堅・中小企業専門M&A支援会社として業務展開させて頂きます。

M&Aアドバイザリー

企業それぞれのステージにおいて、M&Aを活用されることをお手伝いいたします。

詳しくはこちら

事業再生アドバイザリー

事業の存続、従業員の雇用確保、取引先との関係の維持等を目指し、事業の再生のために全力を尽くします。

詳しくはこちら

事業再編コンサルティング

目的に応じて、最適な事業再編の過程・形態を立案し、実行を支援いたします。

詳しくはこちら

海外ビジネス構築支援

企業のアジア方面への新規進出において、各国の市場調査を基にした進出戦略立案の支援を行います。

詳しくはこちら

このページのトップへ

Copyright © 岡山M&Aセンター.